UI Crunch #13 娯楽のUI - by Nintendo -の動画が公開

2018/04/27(金)におこなわれたイベントの動画が公開されました。


UI Crunch #13 娯楽のUI - by Nintendo -




イベント概要




“娯楽”を追求する、UIデザイナーの仕事とは



私たちは日々、実用品と娯楽品に囲まれて生活しています。どちらも生活に大切なもの。 

今回は"もっと便利に"を追求するのではなく、"もっと楽しく"を追求する、UIデザイナー3名を任天堂からお迎えし、「Splatoon」 や「Nintendo みまもり Switch」 などの事例を交えながらお話いただきます。 
子どもから大人まで楽しめる娯楽の裏側には、どのような想いや工夫があるのか。 みなさんと一緒に学べる機会になればと思います。

また、後半の質疑応答では、事前にみなさんからいただいた質問にお答えしながら進めていきますので、応募の際は ぜひ任天堂のUIデザイナーに聞いてみたい質問を記入してください。 

▼こんな方におすすめです

なによりも人を楽しませることが好きなかた
実用品とは異なる視点から、UIを考えてみたいかた
サービス開発運営も気になってしまうUIデザイナー
企画やコンセプト設計に熱い想いのあるUI/UXデザイナー
UI Crunchとは?
UI Crunchは、UIデザインを追求していくコミュニティーです。デザイナーだけではなく、エンジニアからディレクターまで、UI開発に関わるすべての人を対象とした勉強会やワークショップを渋谷周辺にて定期的に開催しています。



UI Crunchとは?

UI Crunchは、UIデザインを追求していくコミュニティーです。デザイナーだけではなく、エンジニアからディレクターまで、UI開発に関わるすべての人を対象とした勉強会やワークショップを渋谷周辺にて定期的に開催しています。


登壇者紹介

任天堂 株式会社

正木 義文 (MASAKI yoshifumi) さん
UI/UX デザイン チーフ

多摩美術大学でグラフィックデザインを学んだ後、2005年に任天堂入社。 UI/UXデザイナーとして多数のゲームソフトを開発しつつ、現在はUIデザイン開発チーフとしてゲームソフトのUIクオリティを統括している。 UIデザインのなかに、機能や実用性だけでなく楽しさやユーモアを盛り込むことを得意とする。

《担当プロダクト》

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ニンテンドー3DS, 2015)

とびだせ どうぶつの森(ニンテンドー3DS, 2012)

nintendogs +cats(ニンテンドー3DS, 2011)

New スーパーマリオブラザーズ Wii(Wii, 2009)

ニンテンドーDSi OSデザイン(ニンテンドーDSi, 2008)


 
藤野 洋右 (FUJINO yousuke) さん
UI/UX デザイナー

京都市立芸術大学で彫刻を学んだ後、2008年任天堂入社。 『ニンテンドーeショップ』のUI/UX設計、Switch をより便利に使うためのスマートデバイスアプリ『Nintendo みまもり Switch』『Nintendo Switch Online』など、オンラインサービス分野でもUI/UX設計を手がけている。 多くの関係者の意見や複雑な導線を、丹念なヒアリングで整理しUIとして構築することを得意とする。

《担当プロダクト》

Nintendo みまもり Switch(iOS/Android, 2017)

Nintendo Switch Online(iOS/Android, 2017)

ニンテンドーeショップ (Nintendo Switch/ニンテンドー3DS/Wii U)


橘 磨理子 (TACHIBANA mariko) さん
UI/UX デザイナー

多摩美術大学でグラフィックデザインを学んだ後、2012年に任天堂入社。 UIデザイナーとして、『Splatoon 2(スプラトゥーン2)』『Splatoon(スプラトゥーン)』『ピクミン3』のUIデザインに関わる。 華やかなグラフィックと綿密に計算された機能の共存を得意とする。

《担当プロダクト》

Splatoon 2(Nintendo Switch, 2017)

Splatoon(Wii U, 2015)

ピクミン3(Wii U, 2013)

公開動画





0 件のコメント :

コメントを投稿